公募・助成・レジデンス

国内外のアーティスト・イン・レジデンスや、助成金等の公募情報概要を掲載しています。
各情報が変更となる場合等もありますので、詳細は必ず各ホームページのリンクをご確認ください。
ご質問等は各団体にお問い合わせください。

過去の募集要項はこちらからご覧ください ▶

, Can Serrat International Art Residency(バルセロナ/スペイン)

Can Serrat International Art Residency(バルセロナ/スペイン)

【内容】Can Serratは、アーティストや彼らの制作をサポートする居住制作スペースです。私たちは、必要に応じて各参加者に個別のサポート等を提供しています。選ばれた参加者には、滞在中に自分のライティングプロジェクトに取り組む時間と場所を提供します。今回の公募は、選ばれた参加者は、滞在時間の一部で、一緒に物語の制作を実施することをお願いしています。
通常、€2190/1ヶ月かかりますが、1名は無料のほか、サポートあり。費用には、滞在スペース(個室またはシェアルーム、選択された希望と空室状況により、料金は変動)、共有スペース(キッチン、リビングルーム、バスルーム、庭など)、食事(2食付)が含まれます。

【応募締切】2020年5月31日(日)

【WEB】http://canserrat.org/nos-llamamos-asi_open-call-for-writers_january-2021
締切まで あと約 1 日

, RUPERT レジデンス公募2021(ビルニュス/リトアニア)

RUPERT レジデンス公募2021(ビルニュス/リトアニア)

【内容】RUPERTのレジデンスプログラムは、アーティスト、キュレーター、研究者など、国内外の活動家や思想家を対象としたもので、1ヶ月から3ヶ月間ヴィリニュスに滞在し、個々のプロジェクトを展開する機会を提供しています。レジデンス期間中、参加者はRUPERTのオルタナティブな教育、公共プログラムに参加したり、国内外の著名なキュレーターやアーティスト、思想家による講演会やワークショップに参加したりすることができます。リトアニア文化カウンシルのサポートがあり、今回の募集内容はすべて無料です。参加者は生活費や旅費は自費負担です。スタッフは旅費、食費、制作費、その他の費用を賄うための外部助成金の申請をサポートします。滞在期間は2021年1月1日〜6月30日の間、1〜3ヶ月間。

【応募締切】2020年5月31日(日)

【WEB】http://rupert.lt/en/open-call-for-residencies-at-rupert-in-2021/
締切まで あと約 1 日

, TOKYO MIDTOWN AWARD

TOKYO MIDTOWN AWARD

【内容】「TOKYO MIDTOWN AWARD」は、東京ミッドタウンが「“JAPAN VALUE(新しい日本の価値・感性・才能)”を創造・結集し、世界に発信し続ける街」をコンセプトに、才能あるデザイナーやアーティストとの出会い、応援、コラボレーションを目指して、デザインとアートの2部門で開催するコンペティションです。

テーマは応募者が自由に設定。東京ミッドタウンという場所を活かしたサイトスペシフィックな作品を募集します。テーマを自由に設定し、都市のまん中から世の中に、そして、世界に向けて発信したいメッセージをアートで表現してください。

【賞金】グランプリ100万円ほか

【応募締切】2020年6月1日(月)必着

【WEB】https://www.tokyo-midtown.com/jp/award/art/
締切まで あと約 2 日

, 芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」

【内容】横浜市と公益財団法人横浜市芸術文化振興財団は、各地域で市民の芸術文化体験を広め、深めていくために、芸術創造特別支援事業リーディング・プログラム「YokohamArtLife(ヨコハマートライフ)」を実施します。この取組みは、距離や時間、気持ちを理由に少し遠くに感じる“芸術文化”を「もっと身近に、もっと気軽に」に変えていくために、日常的にアートに参加する機会を増やすプログラムです。本活動の趣旨にあわせて、一緒にプロジェクトを実施してくださる団体(法人・実行委員会)を募集します。

【開催支援額(助成申請額)】

継続申請 下限なし〜上限 1,000 万円
新規申請 下限 500 万円〜上限 1,000 万円

【応募締切】2020年6月1日(月)

【WEB】https://yokohamartlife.yafjp.org
締切まで あと約 2 日

, Frame Contemporary Art Finland キュレーターリサーチフェローシップ(ヘルシンキ/フィンランド)

Frame Contemporary Art Finland キュレーターリサーチフェローシップ(ヘルシンキ/フィンランド)

【内容】当団体は、現代美術のキュレーターを対象とした4年間のプログラム「フレーム・キュレーター・リサーチ・フェローシップ」を実施します。最初の2つのフェローシップは、オランダのCasco・アート・インスティテュートとアイルランドのEVAインターナショナル(アイルランド現代美術ビエンナーレ)の協力のもとに企画されています。2020年から2023年の間に、合計4名のフェローを受け入れる予定です。
今回、「Mapping and Unmapping Geographies」か「Local, International and Planetary Fictions」というタイトルの最初の2つのフェローシップを募集します。フェローシップの概要は、共同で開発されたもので、それぞれの組織が持つプログラムと関わり、現代美術の分野におけるネットワークなどと相互作用を期待します。各フェローに4ヶ月の滞在のために11,200ユーロを支給するほか、各種手当あり。

【応募締切】2020年6月7日(日)

【WEB】https://frame-finland.fi/en/ohjelma/fellowship/
締切まで あと約 8 日

, Art Jameel Commissions: Digital 公募

Art Jameel Commissions: Digital 公募

【内容】中東の芸術、教育、伝統を支援する独立した国際組織であるアート・ジャミールは、アート・ジャミール・コミッションへの公募を行います。前例のない世界的な出来事に対応するため、アート・ジャミールのプログラムを調整し、場所に関係なく最大限の観客を得るために設計し、新しいバージョンへと拡張されました。2020年は、MITのアブドゥル・ラティフ・ジャミール・ワールド・エデュケーション・ラボ(J-WEL)の技術専門家と話す機会も提供します。
アーティストは、2020年6月10日(日本時間午前0時)の締め切りまでにオンライン公募でプロポーザルを提出し、受賞作品は夏までの間に審査員によって選出され、作品は2020-21年に少なくとも半年間、オンラインで発表・展示される予定です。
オンライン上でのオーディエンスのためにインタラクティブな体験を創造する、魅力的なプロジェクトや作品を提案するアーティストを募集します。テーマは「時間」。通常の時間の概念が、テクノロジーや状況によってどのように変化してきたかを考えます。また、「デジタルアート」とは何か、そしてそれが意味のあるつながりや経験を問いかけ、調査し、形成する方法について、私たちの理解を再考し、再起動する機会を提供します。

【応募締切】2020年6月10日(水)

【WEB】https://jameelartscentre.org/programmes/art-jameel-commissions/
締切まで あと約 11 日

, MONSTER Exhibition 2020作品公募

MONSTER Exhibition 2020作品公募

【内容】MONSTER Exhibitionは、今年で8回目を迎えます。比類のない作品を集積するMONSTER Exhibitionは、子供から大人まで多くの人が楽しめる企画展を実現し、平日は1000人、土日は1500人から2000人が来場し、通算3万8千人以上の来場者を魅了しました。参加するアーティストは、学生や海外で活躍しているアーティスト、デザイナーやディレクターなど経歴も様々。日本独自のコンテクストを持ち合わせる”Kaiju”(MONSTER)は、アーティストを魅了し、想像力をかき立てます。”Kaiju” (MONSTER)の解釈は、アーティストに委ねています。その想像力の表現方法は、映像、絵画、造形、グラフィック、ゲーム、生け花、建築と、ジャンルを問うことはありません。今年も、新しい”Kaiju” (MONSTER)をお待ちしております。

【賞】最優秀賞 1名 (賞金10万円)ほか

【応募締切】2020年6月14日 24:00*エントリー受付

【WEB】https://monsterex.info/2020/open-recruitment/
締切まで あと約 15 日

, BIENALSUR アーティスト&キュレーター公募

BIENALSUR アーティスト&キュレーター公募

【内容】IENALSURは、アルゼンチンの公立大学であるUNTREF(Universidad Nacional de Tres de Febrero de Buenos Aires)が主催するプロジェクトです。このプロジェクトは、南米の文化的市民権の創出に貢献することを目的としています。

BIENALSURは、本プログラムに参加するアーティストやキュレーターを募集しています。第3回目となる今回のプログラムでは、南米諸国をはじめ、アフリカ、アジア、ヨーロッパ、中央・北アメリカなどの国々を統合して、様々な場所で開催される予定です。公募への提案内容は、今日の生活の経験の多様性を分析し、疑問を投げかけ、新たな視点と洞察を提供し、現代美術と文化理論の領域となるものを求めます。
国籍を問わず、キュレーターやアーティストは個人でもグループでも登録できます。

【開催時期】2021年7月から11月の間

【応募締切】2020年6月15日

【WEB】https://bienalsur.org/en/page/convocatoria
締切まで あと約 16 日

, 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」公募

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」公募

【内容】2021年7月末~9月中旬に開催される「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2021」。越後妻有地域独自の歴史や自然など豊かな資源の魅力を活かしたアート作品や国際的な発信力を持つアート作品及びプロジェクトを募集します。

【現地見学会】2020年5月30日(土)日帰り

【審査員】北川フラム (大地の芸術祭 総合ディレクター)

【締切】2020年6月30日(火) 17:00必着

【web】https://www.echigo-tsumari.jp/news/20200330_01/
締切まで あと約 31 日

, HANGAR グループでのレジデンス公募 2020(バルセロナ/スペイン)

HANGAR グループでのレジデンス公募 2020(バルセロナ/スペイン)

【内容】HANGARの本プロジェクトは、アートセンターやそのコミュニティとの相互関係を生み出すことができます。理論的または実践的なリサーチ、創造的なプロセスや知識の伝達を促進するため、オープンで自由にアクセスできます。スタジオは24時間毎日使用可能。HANGARの設備等も空き状況に応じて使用可能。すべてのプロジェクトに参加可能。SNS等を通じた定期的なコミュニケーション、プロジェクトのPR等を支援。

【使用料】使用料:85ユーロ/月+諸税

【応募締切】2020年7月3日(金)

【WEB】https://hangar.org/en/convocatories-3/colectivos2020/
締切まで あと約 34 日

, ALLOTMENT 2020年トラベルアワード募集

ALLOTMENT 2020年トラベルアワード募集

【内容】トラベルアワードの目的は、若手美術作家が活動していく中で日常生活と作家活動の両立に伴う様々な問題、または作品を継続して制作していく中での閉塞感といった問題に直面する作家に対して、新たな行動の機会を与え、前進する制作の手助けをすることです。制作旅行とは、作家が新たな作品制作をするために直接的または間接的に興味の有る場所を訪れて滞在し、その土地特有の地理的条件や歴史的背景などから自己の作品制作に必要なソースを抽出することです。国内の制作旅行を主に、またはアジア圏やアメリカ、ヨーロッパなど、トラベルアワードを使って新たな作品制作に挑む若手作家を下記の内容で募集します。助成金額20万円(一名)

【応募締切】2020年 7月7日(日)※Allotmentは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行に対応して、2020年トラベルアワードの応募締め切りと受賞者発表の日程を延期しました。

【web】http://allotment.jp/travel-award/2020-2/
締切まで あと約 38 日

, MATSUDO “QOL” AWARD

MATSUDO “QOL” AWARD

【内容】MATSUDO AWARDでは、松戸市にゆかりがあり、作品制作の意欲があるアーティストを対象にした公募を行なってきました。今年は現在の状況を鑑み、”アーティスト人生のうちのコロナ禍中3週間をPARADISE AIRで過ごして頂き、松戸での制作体験を創出する”ために松戸駅から60分圏内に居住するアーティストを対象とした「MATSUDO “QOL” AWARD」と形を変えて公募を行ないます。“QOL”は「Quality Of Life(生活の質)」を意味する表現ですが、この公募では「Quarantine Of Laureate(受賞者の隔離)」も目指します。

【目的】選出されたアーティストには、滞在期間中の生活に当てることのできる支援金(滞在日数分の日当)とPARADISE AIR内のプライベートな滞在空間および制作時間を提供します。これはアーティストとその作品の未来のために、在宅での作品制作環境から場所を移した滞在空間を提供することや、3週間という期限を設けることで作品制作に没頭できる時間を生み出すことを目的に行なうものです。

【応募締切】2020年7月26日(日)23:59

【WEB】http://paradiseair.info/opencall
締切まで あと約 57 日

, 第5回 星乃珈琲店絵画コンテスト

第5回 星乃珈琲店絵画コンテスト

【内容】星乃珈琲店は新しい才能を発掘するため、「第5回 星乃珈琲店絵画コンテスト」を実施します。第4回の応募作品は2320点にのぼり、予想以上のご応募をいただきました。今回もクリエーターに活躍の場を提供し、入選作品は作者名と共に全国の星乃珈琲店で巡回展示させていただきます。油彩・水彩・日本画・版画など奮ってご応募ください。蔵造りの店内を飾る、時代に捉われない力強い作品を期待します。

【賞】グランプリ(1点)賞金100万円ほか

【応募締切】2020年09月15日 (火) 19:00

【WEB】https://5th-artcontest.hoshinocoffee.com
締切まで あと約 108 日

, FACE 2021(第9回 損保ジャパン日本興亜美術賞)作品募集

FACE 2021(第9回 損保ジャパン日本興亜美術賞)作品募集

【内容】9回目となる公募コンクール「FACE 2021」では、「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募いたします。美術評論家を中心とした審査員の厳正な審査により、「将来国際的にも通用する可能性を秘めた」作品約70点を入選作品とし、その中から合議制でグランプリ、優秀賞、読売新聞社賞を選出し、各審査員が審査員特別賞を決定いたします。さらに、観覧者投票によりオーディエンス賞を授与いたします。

【賞】グランプリ(1点)副賞 300万円ほか

【〆切】2020年10月18日(日)

【web】https://www.bizlogi-art.com/Sompojapan/Login.aspx
締切まで あと約 141 日

, ComPeungレジデンスプログラム2020(チェンマイ/タイ)

ComPeungレジデンスプログラム2020(チェンマイ/タイ)

【内容】ComPeungは2007年、アーティストが運営するタイで一番初めにスタートされたアーティストインレジデンスプログラムです。現在、2020年の応募者を募集しています。

滞在場所はタイ北部独自の文化や風景、自然に囲まれているため、創造的な探求に没頭するための理想的な場所です。ゆっくりとした環境で生活することで、制作に深く集中し、その実験のための十分なスペースを得ることができます。

今年は、2020年6月から2020年12月まで利用できます。滞在期間は1か月から3か月。利用料は個人アーティストの場合1,090USドル/月。滞在場所、スタジオ、三食分の飲食費、空港からの移動費をカバーします。

【〆切】特に設定しませんが、2か月前までに提出が望ましい

【web】http://compeung.org/main/artist-in-residence/
締切まで あと約 154 日

, ≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

≪京都市都市計画局≫市有地を活用した文化芸術等のイベント提案募集

【内容】京都市では,令和5年度に予定されている京都市立芸術大学の移転を見据え,「京都駅東南部エリア活性化方針」を策定し,本エリアのまちづくりに取り組んでいます。現在,本エリアの市有地を活用し,文化芸術等を通じて地域の賑わいを生み出すイベント等を行っていただける方を募集しています。

【対象箇所】京都市南区東九条地区内の市有地

【事業期間】随時、提案募集(原則、令和2年度末まで)

【WEB】https://www.city.kyoto.lg.jp/tokei/page/0000254420.html
締切まで あと約 304 日

, Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

Lakkos Artists residency(イラクリオン/ギリシャ)

【内容】

このレジデンスプログラムは様々なクリエイティブな活動をベストに導くフレキシブルな場所です。ミュージシャンにはミュージシャン、作家には作家、ペインターにはペインターと、それぞれ地元の方をを紹介しつなぎます。地元の歴史について研究したい考古学者も歓迎。滞在先は少し古い伝統的な家です。このプログラムはオーストラリア人のアーティスト、Mathew Halpinにより運営され、彼も滞在先に住んでいます。
滞在費は提案制、寄付として、将来的に建物の修復やアートプロジェクト等に使用します。キッチンには自炊のための道具は用意していますが、食事はつきません。同時に5組のアーティストまで受け入れ可。最低2週間滞在。

【締切】随時

【WEB】https://lakkosartistsresidency.weebly.com/residency.html
締切まで あと約 2771 日

, 2020年参加アーティスト募集 アーティスト・イン・レジデンス「SAIKONEON」山梨、ギャラリー展示あり(東京)

2020年参加アーティスト募集 アーティスト・イン・レジデンス「SAIKONEON」山梨、ギャラリー展示あり(東京)

【内容】アーティスト・イン・レジデンス「 SAIKO NEON 」は、ジャンルの枠を超えた様々なクリエイターための研究、創作、交流の場を目指し本年4月より設立されました。
SAIKO NEONは東京より2時間たらずの距離にありながら雄大な富士の自然環境の元、山梨県西湖のほとりに施設を持ち、さらに東京の文化中心地のひとつである中目黒、代官山エリアの近くにあるギャラリースペース「月極」とも提携しています。

【対象分野】ビジュアルアート、デザイン、ミュージック、文学、漫画、パフォーマンス等

【応募締切】1年を通して応募可能

【WEB】https://saikoneon.com/
締切まで あと約 2771 日

助成: